読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもめ舎スタッフ日記

福島県須賀川市の北欧ビンテージ&cafe『かもめ舎』のスタッフブログです。

「 サルビア 春のよそおい展 」巡回イベント開催中です

f:id:kamometimes1:20170422202033j:plain

前回のブログでもご紹介しましたが、
サルビア 春のよそおい展 」巡回イベントがスタートしました*

素敵なアイテムがたくさん届いたのでご紹介します!

 

天然染料で手染めした毎日着たくなるよそおい服

9月の「秋のよそおい展」でも人気だった、“おさんぽドレス&プルオーバー”。

f:id:kamometimes1:20170422200405j:plain

一番の魅力は、天然の草木染めの色です。
ざくろや藍、びんろうしという漢方に使われる植物などが使われて、
一枚一枚、京都の職人さんが3日かけて手染めしています。

やさしい肌ざわりの生地は、オーガニックコットンの糸を和歌山の工場にある希少な吊り編み機で、
ゆっくりふんわり編み立てたこだわりのメリヤス生地。
仕立ても熟練の技で仕上げられています。


天然素材で染められた色は、
お洗濯などでだんだんと色が薄くなってしまいます。
せっかくお気に入りの色で買ったのに
色が薄くなってしまったら悲しいですよね。
でも、このおさんぽシリーズは、染め重ねを無料で行っていただけるんです!
同じ色ではもちろん、別の色への染め替えもできます。
お気に入りの服をずっと着ることができるのは嬉しいですね。

そして!
草木染め商品をご予約頂いたお客様に特典として、
サルビアオリジナルのレジャーシート&bagと、季刊サルビア38号をプレゼント!

f:id:kamometimes1:20170422200426j:plain

レジャーシートは3種類。どれも非売品です。
季刊サルビアでは、おさんぽドレス&プルオーバーが
どのように作られているのかがわかる一冊になっていて、とっても読み応えがあります◎

ぜひお気に入りのドレス・プルオーバーを見つけて、
レジャーシートもゲットしてくださいね*

おさんぽドレス 16,800円+税
おさんぽプルオーバー 12,800円+税
サイズはフリーサイズ。男女問わず着ていただけます。

 

使い込むほどに風合いの増すリネン生地を使ったテキスタイルバッグ

f:id:kamometimes1:20170422202151j:plain

salviaオリジナルで、水面に浮かぶすいれんをイメージした「WHITE LILY」。

昔ながらの手捺染という手法で、職人さんがひと刷ひと刷り、
ハンドプリントしてつくられたテキスタイルで作られたバッグです。

味わいのある手描きのすいれん柄と手捺染によって
透明感のある色が刷られ、さわやかな印象。

Sサイズはお弁当バッグにも良さそうな大きさで、
お財布やスマホと文庫本を入れて公園へお散歩♪にもちょうどいい。

Mサイズは普段使いに◎肩掛けのショルダー部分と、
トートバッグにもなる部分と、持ち手が2箇所あるのが嬉しい!

持つだけで晴れやかな気分になれるバッグは、
初夏のおでかけにぴったりです*

テキスタイルバッグ WHITE LILY
S 2,800円+税
M 4,500円+税

 

北欧のおばあちゃんがしているようなぬくもりのある織りのストール

“グランマストール”は、春夏はもちろん秋冬まで、
 暮らしの中でたくさん楽しめるストールです。

かもめ舎 サルビア 春のよそおい展


かもめ舎 サルビア 春のよそおい展

その秘密は、コットンをウール糸を使って織り上げられているから。
さらっとしているのに、あたたかくやわらかい。

織られている柄は、花が咲き乱れる庭をイメージした「garden」。
スウェーデンに古くから伝わる織りの手法をベースにしたデザインで3色あります。

グランマストール 4,500円+税

 

 手編みのような風合いのコットンリネンのくつした

50年以上くつしたを作り続けるベテラン職人さんが
ローゲージの古い靴下編機を使ってつくっています。

f:id:kamometimes1:20170422204720j:plain

コットンのやさしい風合いに、
吸湿や発散・保温性にすぐれたリネン糸がミックスされ
さらりとやさしく肌をつつみます。

シンプルなワンピースに色鮮やかなくつしたをワンポイントにして、さりげないおしゃれを楽しんでみてください。

ざっくり編みくつした
ショート 2,100円+税
ロング 2,400円+税

 

f:id:kamometimes1:20170422205823j:plain

桜はほとんど散ってしまいましたが、かもめ舎の近くでは桃の花が満開です*
お散歩やドライブの途中、G.Wのお出かけにぜひお立ち寄りください♩

スタッフ:コバヤシ

 

4/21(fri)~5/8(mon) 『サルビア 春のよそおい展』

かもめ舎 北欧ビンテージ&café

OPEN 11:00~18:00 【定休日】 水曜日

かもめ舎 サルビア 春のよそおい展


かもめ舎 サルビア 春のよそおい展

オシャレはsalvia(サルビア)から♪

今日は、とってもお天気が良かったので、須賀川にある釈迦堂川の桜を見て来ました。まだ5分咲きくらいですが、この週末で一気に咲きそうですね。鯉のぼりも元気よく泳いでました。

ぜひ、須賀川の桜を見に来てくださいね~。

f:id:kamometimes1:20170414155207j:image

 

さて、オシャレは足元からと言いますが、今回は靴!!ではなく靴下のお話です。

みなさん、どのように靴下を選んでますか?

デザイン重視!?それとも素材重視!?たくさんあって迷いますよね~。

そして靴下を履いててこんな悩みありませんか?

足がむくんで靴下の跡がついてしまう、、、

私は、むくんでなくても跡が、、、(悲)

そんな悩みを解消してくれるのが!!

salvia(サルビア)の靴下♪

 f:id:kamometimes1:20170413233441j:image

履けば履くほどやわらかくなる、不思議なくつした。

しかし、サルビアの靴下は普段履いてる靴下より値段が、、、

 

でも、それには納得な理由があります!!

 f:id:kamometimes1:20170414004308j:image

「ふんわりくつしたは、ガーゼのようにやわらかい靴下です。新潟の工房で、昔ながらなゆっくり編みの製法でつくられています。通常の3倍の時間をかけて、糸にストレスをかけずに編んでいます。ゴムが入っていないので、しめつけがなく、ふんわりとした履き心地で極細の糸をたっぷり使っており、保湿性と吸湿性にも優れてます」by.サルビア

f:id:kamometimes1:20170414004351j:image

 ゴムがはいっていないってスゴいですよね!

 

2017年春の新作の靴下♪

f:id:kamometimes1:20170413235731j:image

私は、右側のグリーンのふんわりくつしたのohanaがお気に入り♪

f:id:kamometimes1:20170414002818j:image

咲いたばかりの花がふんわりと踊っているように朝の湖の水面に映りこんでいます。by.サルビア

f:id:kamometimes1:20170414001526j:image

履くとこんな感じです(笑)

優しくふんわりと包まれてる感じで、履いてる感はほとんどないです。

そして、靴下の跡は付きません!(笑)

f:id:kamometimes1:20170414005325j:image

ふんわりくつした:1.800円+税

f:id:kamometimes1:20170415000525j:image

季刊サルビア:500円+税(年4回発行)

自分へのご褒美や、プレゼントとしても大変喜ばれるお品ですので、ぜひお手にとって見てみてください♪

 

サルビア  春のよそおい展

4/21(金)~5/8(月)にかもめ舎にて開催いたします。

f:id:kamometimes1:20170414005830j:image

草木から色を頂いて1枚1枚手染めした

「おさんぽドレスとプルオーバー」の春の受注予約会をはじめ、よそおいにまつわるアイテムを集めました。

ぜひ、お気に入りを見つけに遊びにいらしてください。

 

スタッフ:カシワバラ

 

青いプラムの実が可愛い*プルーヌスのカップ&ソーサー

f:id:kamometimes1:20170408142245j:plain

北欧スウェーデンから届いたPRUNUS(プルーヌス)のカップ&ソーサー。

北欧好きの方なら雑誌などで一度は見たことがあると思います^^

 

GUSTAVSBERG(グスタフスベリ)が誇るデザイナー

Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)がデザインしたことでも有名。

 

1960年頃に発売が開始され、今では復刻版も登場して、

日本でもファンの多いシリーズです。

f:id:kamometimes1:20170407124724j:plain

描かれている青い実は「プラム」。

日本ではあまり馴染みのないフルーツかもしれませんが、

スウェーデンなどの北欧では、

りんごや梨などと同じようにポピュラーな果物のようです。

 

カップとソーサーどちらも、ぐるっと一周プラムが描かれていますが、

実の大きさや柄、色の濃さなど、

よく見てみるとひとつひとつ異なっていて、

そこもまた可愛い*

 

ソーサーは深さもあるので、おやつ皿として、

和菓子をのせてもよさそう◎

 

お客様へのもてなしも一段とおしゃれ度アップ♪

写真映えもばっちりなので、

おやつタイムの写真をSNSへ投稿するのも

楽しくなりそうですね。

f:id:kamometimes1:20170407124742j:plain

そして!ソーサーには裏側にまでプラムが描かれているんです。

この細部までこだわったデザインが素敵です。

可愛いプラムの刻印があるのは、オリジナルのみで、

復刻版にはないデザイン。

 

北欧ビンテージ好きの方にはもちろん、

この可愛らしい絵柄で北欧好き以外の方にも好まれるので、

贈り物としても◎

新生活を始めた方へのプレゼントにもいいですね。

 

リンドベリと言えば、Bersa(ベルサ)シリーズの

カップ&ソーサープレートも合わせてチェックしておきたいアイテムです。

 

 

GUSTAVSBERG(グスタフスベリ)PRUNUS(プルーヌス)

カップ&ソーサーのお求めはこちら>>>

 

もちろん店頭でもご覧いただけます*

 

 憧れのカップ&ソーサーは

眺めておきたくなる可愛さです。

 

 

スタッフ:コバヤシ

食卓を彩る輪花皿♪

こんにちは。最近ようやく暖かくなってきて、桜の開花が待ち遠しいですね。

 

 

さて、この輪花皿。

f:id:kamometimes1:20170402000314j:image

お給料が入るとお店(かもめ舎)で少しずつ買っている器です。

美濃焼で、陶磁器なので電子レンジや食洗機OKな所もズボラな私にとっては嬉しいですね(笑)

しかも、とっても食卓を華やかにしてくれるのも◎

 

20代の頃は、器なんて何でもいいと思ってましたが、やはりお気に入りの器を使うだけで、味もちょっと美味に感じるのは私だけかな(笑)

 

f:id:kamometimes1:20170331171115j:image

 大きさも大中小で使い勝手抜群です♪

 

f:id:kamometimes1:20170331171146j:image

f:id:kamometimes1:20170331171804j:image

 煮物やサラダなどにも、ちょうど良いボウルタイプ。

 

少しずつ楽しみながら好きな器を集めていきたいなと思ってます♪

 

 

 

上記の器はただいま大変人気のため品切中ですが、

下記の器は、かもめ舎で取り扱っておりますのでぜひご覧ください。

 

Hana  花皿 (瀬戸焼)

 

作山窯  ライン (美濃焼)

 

 

スタッフ:カシワバラ

「草間彌生 わが永遠の魂」 へ行ってきました!

f:id:kamometimes1:20170324121040j:plain

東京・六本木の国立新美術館で開催中の
草間彌生 わが永遠の魂」YAYOI KUSAMA: My Eternal Soul”。

草間彌生さんと言えば、
色鮮やかな水玉の作品が有名ですよね。

これまでも何度か作品を見たことはありましたが、
過去最大級の個展ということだけあって、
とても見ごたえがありました!

今回の展覧会では、1950年頃からのさまざまな作品が展示され、
初めて見るとても考えさせられる作品がいくつもありました。

f:id:kamometimes1:20170324121028j:plain

外に展示されているこちらの南瓜のオブジェ。
大きさはなんと高さ4.5m、幅5m!

f:id:kamometimes1:20170324121119j:plain

敷地内に植えられている木も水玉模様◎

f:id:kamometimes1:20170324121130j:plain

今回の展示会のタイトルにある「わが永遠の魂」が展示されているスペースは
携帯電話での撮影もOK!
2メートル角あるという、大きな作品が130点も壁に敷き詰められている光景は
本当に圧巻でした。

f:id:kamometimes1:20170324121048j:plain

来場者が参加できる「オブリタレーションルーム」もあり、
配られたシールを好きな場所に貼って楽しむことができました。

 

「無限の鏡の間」と題された《生命の輝きに満ちて》という作品は
入ってみないとわからない体験が出来ますよ。
5月22日まで開催しているので、機会があるかたはぜひ行かれてみてくださいね。

 


 

かもめ舎でも、marimekkoの定番シリーズPALLO(パッロ) のドットカットソー
fu's boのがま口ポーチなど水玉模様のアイテムを取り扱っていますよ◎

f:id:kamometimes1:20170324132835j:plain

fu's boのポーチは内側の生地もさまざま。
ぜひお気に入りを見つけにいらしてください*

 

次は新潟で開催中のmarimekko展へ行きたいな…と計画中です♪

スタッフ:コバヤシ

Rojima(ロジマ)に出店しました

 

f:id:kamometimes1:20170315233612j:plain

 

先日、須賀川市中心部で毎月第2日曜日に行われている

『Rojima(ロジマ)』に、かもめ舎も出店させて頂きました。

当日は、ちょっと寒かったですが風もほとんどなく晴天でとても気持ちのいい日になりましたね。

 

 

f:id:kamometimes1:20170315234217j:plain

私も、かもめ舎出勤前にRojimaを散策してきました(笑)

イムリミットは約1時間(汗) 

ハンドメイド作家さんや、手作りのお菓子、パン屋さん、文房具屋さんなどなど。。。

どのお店も、沢山のお客様で賑わってました!

 

 

かもめ舎では、私の大、大、大好物のバターチキンカレーや安納いもの焼き芋♪

これがどちらもワンコインで食べれます!!

f:id:kamometimes1:20170316000052j:plain

さっそく頂きました!!(笑)   

やっぱり美味しい~~

 

f:id:kamometimes1:20170316000346j:plain

 いい感じで焼けてます♪

 

f:id:kamometimes1:20170316000456j:plain

 焼き芋は、あま~くてしっとり。 

まさにスイーツ♪

 

f:id:kamometimes1:20170316001901j:plain

その他にも、fu's boの手作り小物や、

アアルトコーヒーの豆の販売も♪

こちらも大変人気でした。

 

 

そして、かもめ舎でもお馴染みの

「こまつ果樹園」さんもRojimaに参加してましたよ~。

リンゴやドライフルーツ、ベーグルなどなど、とっても美味しそうでした~!  

f:id:kamometimes1:20170316002526j:plain

りんごのとってもいい匂いが~~♪

 

f:id:kamometimes1:20170316002646j:plain

 次回は、ベーグル食べてみたいな~♪

 

  

お蔭様で、Rojima終了前にすべて完売しました。ありがとうございます!

せっかく並んで頂いたのに買えなかったお客様ごめんなさい、、、、(泣)


沢山のお客様に来ていただいて感謝感謝です。

 

来月のRojimaは4月9日(日)です。

かもめ舎の出店予定はございませんが、ぜひお店の方にも遊びに来てくださいね。

 

スタッフ:カシワバラ

 

BIRDS' WORDSの陶器のヘアアクセサリーで簡単ヘアアレンジ

春が近づき、ヘアスタイルをかえたいなと
思っている方も多いのではないでしょうか?

 

でも忙しくて、ヘアサロンへ行く暇もない…
そんな方におすすめなのが、
BIRDS' WORDSのヘアアクセサリーでヘアアレンジ!

 

不器用なわたしは、
凝ったアレンジはまったくできないのですが、
可愛いヘアアクセサリーを使うだけで、
気分が変わります。

 

BIRDS' WORDSを知ったのは、
友人がおすすめしてくれたのがきっかけでした。

 

大ぶりなモチーフですが、
やさしい色合いやデザインなので
年齢を問わずつけることができます。

特にわたしのおすすめは…

f:id:kamometimes1:20170310142743j:plain

バラの花のようなかたちのこちら!

いくつものラインが花びらのようで、
とっても気に入っています。

 

くる りんぱした髪をひとつ結びにしただけの
簡単ヘアアレンジですが、
バーズワーズのヘアアクセを使っただけで
いつもとは違ってみえるような気がします*

 

ほかのデザインもあります。

おにぎりの形に見えてしまうのは
わたしだけでしょうか…^^;

f:id:kamometimes1:20170310144524j:plain
価格:各2,400円+税


ちょっと大きめかな、というかたには
小さめのお花の形をしたヘアアクセサリーもありますよ。
こちらもちょこんと付けられるのでおすすめです。

f:id:kamometimes1:20170310144531j:plain

価格:2,000円+税

いくつあっても欲しくなってしまうヘアアクセサリー。
春に向けて、ぜひお気に入りを見つけて、

ヘアアレンジを楽しんでみてくださいね。

 

スタッフ:コバヤシ